お金の借り方はネットでの借り入れが主流

ipad

事前に消費者金融の借り方を理解しておけば、スムーズに融資を受けることができます。まず、即日融資を受けるためには、審査に申し込みする必要が出てきます。

審査は、ネットを利用して申し込みすることができるなど、家から一歩も出ることなく受けることが可能です。外に出かける時間が惜しいという人や、仕事で忙しく自由な時間が取れないという人も利用しやすくなるでしょう。

ネットから申し込みを行う際には、業者が用意している専用フォームに住所や氏名、勤務先など必要事項を記入していくことになります。この情報をもとに、業者が審査を行っていくことになるのです。

またネットからの申し込みでは、必要な書類を写真で写し送付することで、業者に直接出向くことなく審査に必須となる書類を提出することができます。

この方法で審査を受ければ、早くその結果を聞くことができ、その分即日融資を受けられるようになります。とにかく、早い借り方にこだわりたい人に適しているでしょう。

ネットから審査に申し込みを行い、融資を受けられると判断された場合、持っている口座に振り込んでもらうこともできます。既に所有している口座に直接振り込んでもらうことができるため、すぐにお金を手にすることもできるのです。

この方法を利用すれば、口座からお金を引き出すだけではなく、指定口座からの各種引き落としが迫っているときや、通販でのネットバンキングを利用した支払いなど、多彩なシーンでお金を利用することもできるでしょう。

自動契約機を利用してお金を借りる

ネットから消費者金融の審査に申し込む方法は、もはや一般的になっていますが、それ以外にも無人契約機を利用した借り方も存在しています。

消費者金融の多くでは、その会社ごとに利用できる無人契約機を設置しています。無人契約機内にはスタッフはおらず、マイクによる音声案内に従って手続きを行うことになります。

その点で、スタッフと直接会って手続きを行うことに抵抗を持っている人でも、利用しやすくなるでしょう。

無人契約機では、書類の記入などに戸惑った時に、マイク越しにスタッフに相談することで適切なアドバイスをもらえるため、初めて融資を受ける方にも最適です。

また、審査にも時間がかかることはないため、できるだけ早く融資を受けたい人も利用しやすい特徴があります。

無人契約機での審査により融資を受けられることになった場合には、契約機内に設置されているATMを利用することができます。

もちろん、その場でカードを発行してもらえるため、コンビニなどにあるATMでもお金を借りることが可能です。

無人契約機は、休みに関係なく営業を行っているため、土日でもお金を借りたい人に最適です。

また、無人契約機は全国に存在しており、旅行や出張に出かけた際にお金が足りなくなってしまったというときにも利用しやすくなっています。

地方に出かける機会が多い人も、便利に利用できるでしょう。無人契約機を利用する際に人目が気になるという人もいますが、人目を避けるために奥まったところに設置されているなどの配慮がなされています。

また、駐車場が設置されており、車で直接乗り付けることもできるため、目立つことなく利用することも可能です。

店頭窓口や電話を利用してお金を借りる

消費者金融の借り方として、窓口や電話を利用する方法も存在しています。今の時代には、業者のスタッフと直接顔を合わせずとも融資を受けられるサービスが整っています。

多くの人は、便利に利用しているでしょう。ただし、審査についての不安や疑問を解消してから申し込みを行いたいという方も存在しているのです。

消費者金融の窓口に直接赴くことで、経験豊富なスタッフから融資や審査に関する不安の相談に乗ってもらうことが可能になります。

収入に対して、どの程度のお金を借りることができるのか不安を持っていたり、計画的な融資を行うためにはどうすればいいのか疑問を感じている人もいるでしょう。

この疑問も、直接窓口で相談することで解消しやすくなるのです。窓口のスタッフはプロになるため、利用する人が一番ベストな方法を提案してくれるでしょう。

電話による借り方でも、不安を解消することができます。業者によっては、無人契約機はあるものの、窓口が存在していないこともあります。

このケースでは電話による審査に申し込むことで、抱えている疑問を解消することができるのです。電話スタッフは、疑問や質問に丁寧に答えてくれるため、初めてお金を借りるという人でも、仕組みを理解してから審査に申し込むことが可能です。

窓口や電話を利用した借り方では、その日のうちに借入できないケースも出てきます。ただ、十分に話を聞いてもらい納得したうえで借入することができるため、後々の事を考えても大きなメリットが存在しているのです。

この方法は、すぐにはお金を借りる必要はないものの、十分に納得したうえで借入したい人に向いているでしょう。

知り合いにお金を借りるときは借用書を用意しよう

a1

人にお金を借りる方法として、友人や親族からお金を借りるというものがありますが、やはり親しい人達からお金を借りるとその後のトラブルが心配です。ベストなお金借り方とは言えません。

ですから人からお金を借りる時には、きちんと気を付けるべき点を知っておいた方が良いでしょう。

もちろん金融業者からお金を借りるという方法も知っておいた方が良いでしょうから、業者選びのポイントなども知っておくと便利です。

お金は突然必要となる場面も多く、その貸し借りはとてもデリケートな問題ですから、きちんと気を付けるべきポイントや業者選びの時の注目すべき点を知っておく必要があります。

まず人からお金を借りる時に絶対気を付けておかなくてはいけない点は、借りたお金をきちんと返済するという点です。

当たり前ですがお金をきちんと返済しないと、借りた人からの信用を失いますし、その人との関係も悪化してしまうでしょう。

もし一括で返済する事は難しい場合は、借りる時に分割で返済して良いかどうかを確認して、時間がかかってもきちんと返済していく事が重要です。

また、口約束で返済すると言ってもなかなか納得してもらえない事も多いですから、そういった時は借用書を作成しておくとこちらがきちんと返済する気持ちがあるという事を伝えやすくなります。

借用書の書き方はネットで調べる事ができるので、特に親しい人からお金を借りる時には用意しておいた方が無難です。

トラブルになる事が怖いので人からお金を借りる選択肢は選べず、しかしお金が欲しいという場合はやはり金融業者から借り入れをする必要があります。

ただ、業者選びをする時にどういった業者を選べばいいのかを考えるためには、金利や審査にかかる時間などに注目すると良いでしょう。

特に金利は返済する時の総額に関わってきますから、複数の業者を比較してなるべく低い金利の業者を選ぶようにしましょう。

消費者金融系の業者は即日融資が可能となっている業者も多いため、すぐにお金が必要という場合は人から借りるよりも業者を利用した方が安心できます。

インターネットのランキングサイトを利用すると、複数の業者の金利を一度に比較できるので重宝します。

人からお金を借りる場合、やはり親しい人達からという事になりますからトラブルが起きる事は避けなくてはいけません。

きちんと借用書を作るなどして、自分には返済する気持ちがありますという事を相手に伝え、その上で誠実に返済していく事が重要です。

もしすぐにお金が必要という場合は、即日融資が可能な金融業者からの借り入れを考えてみてはどうでしょうか。

親にお金を借りるときの説得方法を解説

銀行や信販系のクレジットカードの返済が滞り、返済日を乗り切るために消費者金融を利用し、それでも返済しきれずにさらにグレーゾーンの金融業者の門をたたく……いわゆる借金苦に陥る人の典型的なパターンです。

本当に困る前に親にお金を借りることができれば高い利息に苦しむこともありませんが、現実的には親からの借金はハードルが高く、「親に泣きつくくらいなら自己破産のほうがマシ」と考える人も少なくないようです。

とくに、若い頃に両親に反発をして勘当同然で実家を出てきた、というケースの場合、どうしても親とは疎遠になり、たとえ首がまわらないほどの借金に苦しんでいたとしても意地やプライドが邪魔をしてなかなか素直に頭を下げられない、ということになりかねません。

しかし、過去の確執にいつまでもこだわっていても借金そのものが軽くなるわけではなく、むしろ時間が経つにつれて利息だけでもどんどんふくらんでしまいますので、できるだけ早い段階で両親との関係を修復しておく必要があります。

少しでも説得しやすくするためにはまず、普段からの関係づくりが必要です。

長い間疎遠になっていて、ある日突然困ったからといって借金の申し込みをされたのでは、両親のほうも気持ちが良くないでしょうし、頼むほうもしこりが残ってしまいます。

ささいなことでも生活の悩みを日頃から気軽に相談できるような関係がすでに出来上がっていれば、借金苦などの深刻なトラブルも早い段階で打ち明けることができ、お金を借りることに対しての抵抗感も薄まります。

ただ、最近では両親世代の所得水準も下がってきており、かつてのように「潤沢な老後資金で子どもや孫の世代を支援する」という関係が成り立たなくなってきています。

とりわけ、両親ともに国民基礎年金にしか加入していないようなケースでは両親自身にも経済的なゆとりがなく、遺産相続の際に反対に借金が遺ってしまう、というパターンも決してめずらしくありません。

子どものほうもそのあたりの背景を理解し、「親にお金を借りるのは本当に最後の手段」と認識し、親に頼ることにならないようにきちんと自分自身で返済できる借入プランをシミュレーションするか、そもそも借金をしなくてすむような生活のプランを組み立てるようにしましょう。

都市部ではともかく、田舎の地域では両親への借金が親戚一同に伝わり、さまざまな面で関係性が変わってしまいますので、安易にお金を借りる前に借金のもつ意味をきちんと理解したうえで親の説得方法を考えましょう。